1・表紙のコピー.jpg
目次のコピーのコピー.jpg
1・雲母を使った作品.jpg
DSC09717.jpg
DSC00308.JPG
DSC00848.JPG
DSC00874.JPG
1・砂を使った作品.jpg
1・砂を使った作品その2.jpg
砂粒のピアス : イヤリング.jpg
DSC00931.JPG
DSC00937.JPG
DSC00957.JPG
1・ピンブローチ.jpg
DSC09664.JPG
DSC00961.JPG
氷粒のフープピアスイヤリング.jpg
DSC09656.JPG

貝を使った作品.jpg
DSC00889.JPG
DSC00885.JPG
DSC09363.jpg
DSC09252.JPG
DSC09365.JPG
貝繕いのブローチ.jpg
DSC00785.JPG
欠片のピアス : イヤリング:ブローチ.jpg
DSC00909.JPG
石を使った作品.jpg
1・石粒のピアス.jpg
DSC00918.JPG
DSC00923.JPG
鉱物.jpg
DSC00975.JPG

 ​作品に寄せて 

雨氣さんの扱うものたちは貝だと欠けていたり、穴ぼこが空いていたり。石や砂も、誰も気に止めないような身近で採集したものたちだ。それらを雨氣さんは、美しい、と全力で愛する。こんなにすごく可愛いのに、美しいのに、一般的には価値がないと言うレッテルを貼られているのがすごく悔しいんです、と言った雨氣さんの言葉が印象的でずっと心に残っていた。

一般的に「美しい」「価値がある」とされているものも、もちろん良いのだけれど、それだけが価値のある良いものなのだろうか。世の中にはなんでもないもの、完璧ではないものであふれており、果たしてそれらは価値のないものになるのだろうか。

 

雨氣さんはそういった普通のものや完璧でないものの、足りない面を見るのではなく持っている個性や良さの面をレッテルにとらわれることなく真っ直ぐ見つめ、肯定する。

 

完璧じゃないものたちでも、素敵なところをたくさん持っている。人や人生だってそうだと思う。雨氣さんの作品を見て美しいと思うことは、人の悪い面ではなく良い面に意識を向けることや、日常のどこにでも美しさや幸せを感じれることに繋がっているんじゃないか。

そういう人がたくさん増えたら、もっと素敵な世の中になるんじゃないか、と思うのです。

手.jpg

雨氣 × 森谷和輝 二人展「湖底にて」

​展示詳細はこちらより

https://www.yorifune-magazine.com/kotei